眉毛がなくて怖い顔には育毛や植毛を行う

眉毛のない顔は相手に怖い印象を与えてしまい、薄かったり中々生えてこない人とにとっては重大な問題です。毎日メイクで描くのも大変で、崩れて薄くなるたびに修正が必要になってくるのも面倒です。

おしゃれの流行は移り変わっていくもので、若いときには細い眉毛が流行ったため、ピンセットなどで抜いていたのに、大人になったら太い眉が流行り、伸ばそうと思ったらこれまで抜きすぎたことがあだになって生えてこないという人もたくさんいます。

眉毛が生えてこない人は、植毛することで増やすことができます。美容外科などにおいて手術を受けることが可能で、頭皮に植え付けるように毛根付きの毛を植えることが可能です。病院によって費用に違いがあるため良く比較すると良いです。植毛にかかる時間は植え付ける量にもよりますが、それほど時間がかかる作業ではありません。植毛した部分が内出血することもありますが、1週間もすれば普通にメイクも行えるようになります。

薄いが生えてきている眉毛がある人は、育毛を行う方法があります。以前は頭部に使う育毛剤などを綿棒などを利用して塗布する方法しかありませんでしたが、眉毛専用の育毛剤が販売されるようになっており、メチルテストステロンという有効成分が含まれています。ノック式のペンタイプで扱いやすく、持ち歩きにも便利です。

メチルテストステロンが毛母細胞に作用して、育毛を促進してくれます。体毛などにも同様の効果があるので、眉毛以外の部分につかないようにしましょう。

目に近い部分に塗布するのですから、大量に塗ってしまうと垂れてきて目に入ってしまう心配があります。コットンなどで目を覆って使用することで防げますが、万が一入ってしまった時にはすぐに洗い流し、違和感が残るときには眼科などを受診したほうが安心です。

ページの先頭へ戻る