育毛効果のあるおすすめの飲み薬

最近では育毛のために飲み薬を使用する人も増えてきており、高い効果を期待できるのでおすすめです。一口に育毛効果のある飲み薬といっても、医薬品と医薬部外品、化粧品という3つに分類することができます。医薬品は病気の治療を目的としたものとなっており、有効成分の効果が厚生労働省によって認められています。医薬部外品は治療ではなく予防や衛生を保つ目的のものであり、化粧品は医薬部外品よりもさらに効果が穏やかなものとなっています。高い効果を期待したい場合はやはり医薬品がおすすめなのですが、副作用が心配な場合は医薬部外品や化粧品を使うのがおすすめです。また、育毛薬にはさまざまな成分が使われており、その取り入れ方は直接頭皮に塗るタイプと飲むタイプに分かれています。そこで効果の高い成分や副作用を起こさないための飲み方などを知っておくと良いでしょう。ちなみに、飲み薬のタイプの場合、成分が体内でしっかりと吸収されることになるため、塗るタイプと違って浸透率が一定になるというメリットがあります。また、体の中から吸収されるので外側からのケアよりも効果が早く出るとされており、改善しにくい部分の薄毛にも効果を期待しやすいということです。塗るタイプの薬の場合、塗る量や部位や頭皮の状態などにより、頭皮への浸透率に差が出てしまうこともあるので注意しましょう。ちなみに、毛髪にはヘアサイクルというものがあり、成長期と退行期、休止期といった順番になっています。脱毛症を発症している人は成長期が非常に短くなっているため、正常に戻すためには休止期の髪の毛を一度全て抜けさせる必要があるのです。そのため薬を使い始めた頃には初期脱毛が起こるということですが、1か月程度は様子を見てみると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る